« 今更活字になれようとは。 | トップページ | お金をかせぐということは。 »

江ノ電でドラマのロケ

江ノ電が大好きな幹人と、用事のついでの帰り道 稲村ガ崎駅から

鎌倉駅方面の電車に乗りました。いっしょに乗り込んできた男性2人が

「えー日本テレビですが、次の駅でドラマ撮影をしていますので、

立ち上がったり、じろじろ見ないで自然にしてください。」

「次の駅 極楽寺で降りる方はいませんか?」

との質問に、前の席のおばさまが手を上げたところ、

「隣の車両に移ってください、このドアで演技はいりますから。」

とテレビ局の人、おお誰が出てるんだーいつ放映なんだーと頭を

めぐらせる私。

しかし急に隣のおじさんが怒り出し、「テレビがなんの権限があって

そんな指図をするんだ。」と文句を言い。そして極楽寺で車両を移れ

と言われたご婦人も大きくうなずき、離れて座っている向こうの方の

女の人まで「私もそう思いますは。」えーテレビ局の人こまってるし

もうすぐ駅に着くよ。

ホームの照明のライトが江ノ電の方を照らし、わーだれだれうおー

すごい勢いで電車に乗ろうとしている女性を引き止める男の人は

わー  渡辺謙 ・・・・・・・・うわービックネイム

見ないようにしても見てしまいました。しっかり、うれしかったです。

電車には乗り込んでこない演出だったのでそれまででしたが、

その後次の駅長谷まで、隣のおじさんの小言はそのテレビの人

に向けられました。

独眼流正宗  炎立つよかったです。好きでした。

今日は幸せな日でした。

   

|

« 今更活字になれようとは。 | トップページ | お金をかせぐということは。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262196/33435978

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ電でドラマのロケ:

« 今更活字になれようとは。 | トップページ | お金をかせぐということは。 »