« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 冬の庭に小鳥たち »

げんぴんとは?神聖なる母性

結婚して初めてかな、もちろんこどもが産まれてからも。一人で映画を

見に行きました。場所も初めての映画館で、横浜シネマジャック&ベティ

かなりマニアな感じでした。京急を横浜から久里浜方面に2駅行った

黄金町というところ、京急まあ京浜急行線の雰囲気もなんとも下町の

よどんだ川があり、正月に行ったスカイツリーのお膝元、押上に感じが

にてました。あちらはすごい人でしたが。

さて見に行った映画は,ゲンピン漢字で出せなくてすいません。

河瀬直美監督最新作、愛知県岡崎市に実在する吉村医院に通う

妊婦たちそれぞれの思い院長の思い産まれ来る我が子への思い

子を産む事にこれほど向き合えるのか。少し怖いくらいの前向き思考

の妊婦たち。

わたしも3人生みましたが、お産に対してこれほど真剣に考えてはいな

かったな。産む事より育てる方が大変だったから。しかし映画の妊婦

さんの薪割りは圧巻でした。臨月で斧を振りかざす姿。出来ないよ。

Dscn3761 ありがとう、ありがとう産まれてきたあかちゃんにありがとう。

人生の始まりに、祝福があり、満ち足りたお産がある事の幸せを

教えてもらいました。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 冬の庭に小鳥たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262196/38571358

この記事へのトラックバック一覧です: げんぴんとは?神聖なる母性:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 冬の庭に小鳥たち »