« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

息子のお気に入り。

息子のお気に入り。
江ノ島水族舘で買って来た、ペンギンのぬいぐるみ、パウダービーズが入っていて、次男の大のお気に入り。名前は、海平
。抱き枕がわりにいっしょに寝ています。
お値段、\850だったかな。ピンクや水色のイルカなど、種類はありましたが、ペンギンがピカイチ。かわいいやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漆塗りの作業始めました。

漆塗りの作業始めました。
木くずだらけです。で、お伝えして以来、なかなか進んでいなかった鎌倉彫りの作業。夏休みが終わったので、少しずつではありますが、進めています。まずは、彫りが済んだ木地に、地固めの漆を一度塗り、乾かして、サビを塗りました。
サビとは、漆を塗るまえの下地の作業で、砥の粉と水を混ぜて、そこに漆を入れてまぜます。よく混ぜて、木地に塗ります。漆は、空気に触れると、黒くなり、固くなります。
次回は、サビを研ぐ作業になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月のお絵描き教室

9月のお絵描き教室
昨日のお絵描き教室の話です。絵を習う、自由に描くと言っても、取っ掛かりがないとなかなか難しいモノで、毎回いかに楽しく描けるか、と試行錯誤しています。
今回は、家の前に広がる田んぼでザリガニ釣りをして、それを描くお題です。
絵を描きに来る子どもは、女の子ばかりですが、喜んでバケツ一杯取った子や、ザリガニよりドジョウを捕まえるるんだと息巻いている子もいて、
おいおい、絵を描きに来てるんだぞと、ザリガニ釣りに盛り上がったお嬢さんたちを家に連れ戻すのも一苦労。まだ夏の日射しが残る9月です。冷たい物でも飲んで、ク−ルダウン。あら、絵を描く時間が足りないかしら。
ザリガニは、生きているから、動きます。なかなか描けないんですよね。
動くモノは、固まりで捉えて、細かい足などは、後からかきたすのが、極意ですね。
絵の具で直接描く方法を教えてあげました。
難しかったかな。でも楽しんでもらえたなら、有り難いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わりに

夏の終わりに
かごの鳥。夏の終わりの花火の名残りです。
導火線に火をつけると、ヒモから垂れた紙の束が、クルクルと勢いよく回って、煙の中から、かごの小鳥がいる仕掛け花火でした。なんだか懐かしくて可愛い。
まだ暑い日が続きますが、気がつくとセミに変わって虫の音が、彼岸花が咲き始めるのももう少しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森土産

青森土産
青森のお土産物で、気に入った物があります。
十和田市現代美術館のショップで売られていた、黒ニンニクです。
この六角すいのパッケージに入っていた、熟成された黒ニンニクが、美味しいんです。
ピンクのラベルは、フルーティな味わいで、どこかプルーンみたいな味。
チ−ズと相性抜群。
おつまみの他、お料理の味付けに、濃厚な味わいがプラスできる食材になると思います。
お取り寄せしてまた買おうかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »